相続問題は 子供達の生活にも影響します
「遺言」といわれてもよくわからない
贈与税は「あげた人」も「もらった人」もそんなはずでは・・
時間が経つほど優遇措置が受けられなくなります
「相続税はかかるの?」と聞いてみたい

「相続」や「贈与」はとてもデリケートな問題

相続対策」や「贈与」という言葉が最近流行しています。

相続対策は税理士さんや行政書士さんは慣れている言葉かもしれません。

しかし、みなさんにとって「相続対策」や「贈与」という言葉は聞き慣れないものです。

相続や贈与は「とてもデリケートな問題」です。

なぜなら「誰に何をあげるのか」を考えなければならないからです。

周りの人にとっては「誰が」「いつ」「何をもらった」という気持ちの問題が起きてしまいます。

これは元気なときに「あげたもの」であっても「万が一が起きた段階」で明るみに出てきてしまうからです。

そのため「贈与」をする段階で家族間にどのような影響を与えるのかも含めて検討する必要があります。

贈与や相続対策をするためには、家族に関するプライベートな悩みやご自身の考え方などをお話しいただくことが重要になります。

仲良しの三世代家族

【私たちが相続や贈与に関してお手伝いをする理由】

私たちは油断をすると「相続」というものに対して鈍感になってしまいます。

一番怖いことは相続や贈与というものに慣れてしまうことです。

「効率」や「有利不利だけ」で相続というものを考えてはいけないと思います。

「人の気持ち」が一番重要なのです。

人が贈与や相続について考えるときに「税金」の影響だけで対策をすると後日の家族関係に影響を及ぼすことがあります。

逆に税金の影響を無視しておこなってしまうと「それなら贈与や相続対策をしなかったのに」というケースが起きてきます。

もっと早くに税金についてもお話ししておくことができればトラブルが回避できることもあります。たちは皆さんが贈与や相続についてしっかりとした情報をもとに考えるお手伝いをしていきたいと考えております。

 

私たちの「相続手続き」や「相続対策」で選ばれる理由とは

POINT1

「何が心配なのか」が一番重要と考えています

「自分に万が一のことが起こった場合」や「今現在の家族の心配」が一番重要です。 税理士主導で節税のために相続対策や贈与対策をおこなうことがベストとは思えません。 「心配なのこと」を解決するために「贈与」・「相続対策」・「相続手続き」をおこなうべきです。

詳細を見る

POINT2

「贈与」は贈与税の負担を考慮に入れる

よく「お子様やお孫さんにお金を渡したい」という方がいらっしゃいます。 税金のことを知っていれば「こんな贈与はしなかった」と後悔される方が多いのです。 本来は税金のことも理解した上で贈与を決めるはずなので、事前に税金の影響も考えておきましょう。

詳細を見る

POINT3

「万が一」の相続発生時には迅速対応

誰にもいつかは訪れる「相続」 ご家族のことを心配していたご本人もいつかは亡くなられてしまいます。 私たちはご家族が「相続手続き」や「相続税申告」で日常がおかしくなってしまわないように迅速にお手続きをさせていただきます。 相続税がかからない場合でも、相続については非日常的な手続きが...

詳細を見る

最近のお知らせ

最近の記事

PAGE TOP